概要と役割をチェックする

美容や健康に関して気をつかっている方にとって、コラーゲンは非常に重要なもののひとつではないでしょうか。しかし、実際にコラーゲンが美容においてどのような効果を持っているかということについて、きちんとした知識を持っている方は少ないでしょう。

そもそも、コラーゲンとはどのような物質なのでしょうか。コラーゲンとはたんぱく質の一種であり、身体を作る物質のひとつとなっています。人の身体にはおおよそ20%程度のたんぱく質が含まれていますが、そのうちの約30%がコラーゲンで占められているのです。つまり、人の身体はおよそ6%程度がコラーゲンでできていると言えますね。

このように、ただ美容に良いというだけではなく、身体の一部を構成するほど重要な物質であるコラーゲン。身体の中でコラーゲンが多く含まれている部位は皮膚であり、身体全体に含まれるコラーゲンのうちおよそ40%は皮膚に含まれているものになります。

また、骨や軟骨組織などにもコラーゲンは多く含まれており、身体全体のコラーゲンのうち10%から20%は骨や軟骨などに集中しています。そのほか、コラーゲンは内臓や血液などにも存在しており、身体の重要な部分を占めている物質となっているのです。

では、具体的にコラーゲンは身体の中でどのような役割を担っている物質なのでしょうか。コラーゲンは、細胞同士を結び付け、組織を成り立たせる役割を持っています。加えて、細胞の足場となって、細胞を支えるという役割も持っています。そして、外の組織との境界線をしっかりと作り出し、組織を独立させる働きも、コラーゲンは担っているのです。

漠然と美容や健康に良いというだけではなく、コラーゲンにはこうした身体を作る重要な役割が備わっているのです。

Copyright © コラーゲンとは一体なにか. All rights reserved.